3. 録音編(仮)

更新日:2020年11月2日


上手にmixするための1番のコツは録音をしっかりすることです。


高価な機材は必要ありません。


機材なんかよりも録音する場所のほうが100倍重要です。


100万円の機材を使って自宅で録音するより、1万円の機材でスタジオで録音するほうがずっといいものが録れます。


これは本当に重要なことです。

スタジオ録音の音源は本当にmixしやすいです。


と言っても、この界隈でスタジオ録音した音源だけを扱うのは難しいかと思います。


今まで何百もの宅録音源を扱ってきました。その中でスタジオ録音と遜色のなかった例をご紹介します。


ただ、これまた初期投資が必要です。何をやるにしてもクオリティーを求めるとお金がかかりますね…


方法としては、だんぼっちに吸音材を付けて録音するという方法です。


改造しないと防音性はあまりよくないみたいですが、音質は間違いないかと思います。吸音材はピンキリなので予算に合わせて出来るだけ良いものを、といったところでしょうか。


詳しくは、下記をご参照下さい。


https://sp.ch.nicovideo.jp/mukachild/blomaga/ar442878